アクティビティ系

アクティビティの仕事とは?

日常生活を充実させるには、音楽やゲーム、芸術など趣味活動が必要です。
これまで福祉施設において、介護スタッフがレクリエーションの担当という位置づけが一般的でしたが、メイン業務が忙しければ、後回しにされるのもレクリエーションでした。
そこで伸康会では、全国でも珍しい専門のレクトレーナー(RT)として独立した職種を設けました。
OT・PT等が機能訓練にアプローチして“ADL”を向上させるのに対し、
RTはQOLにアプローチして“生きがい・意欲”の向上を目指します。
①生きがいの再構築・・・・・やりたいことを引き出す
②社会的スキルの向上・・・・他者との交流を図る

必要な資格

レクトレーナーは伸康会独自のレク専門トレーナーの呼称です。
人によって趣味・関心が異なることから、伸康会では多様な職種の方をトレーナーとして活躍してもらう取り組みをしています。
・レクリエーションインストラクター
・アクティビティケアインストラクター
・音楽療法士
・保育士、幼稚園教諭 など

レクリエーション療法の概念図

Recreation(レクリエーション)は、「re(再び)」+「create(つくる)」、つまり元気回復するという意味です。

この仕事のやりがい

介護現場において後回しにされがちなレクリエーションですが、お客様のQOLにアプローチする大切なサービスの1つです。レクトレーナーは、お客様に心の栄養を提供する面白さとお客様の笑顔の時間が増えていくことを実感できる職種です。

PAGE TOP