栄養・調理系

栄養・調理の仕事とは?

病院・施設が民間の飲食店と異なる大きな違いが、栄養管理です。
伸康会では、栄養管理の行き届いた食事を美味しく提供するだけはなく、本人が食べやすい食事形態にしたり、
食欲のない方にどうやって食べる意欲を喚起するか模索しながら最適な食事提供を心掛けています。

必要な資格

伸康会では、管理栄養士を筆頭に栄養士・調理師が活躍しておりますが、
働きながら調理師免許を取得したスタッフも多く、資格がなくても活躍できる場を提供しているのが特徴です。
以下は、現在活躍しているスタッフが保有している資格になります。
・管理栄養士、栄養士
・調理師
・介護食士
・食生活アドバイザー
・食育インストラクター

この仕事のやりがい

福祉施設において、高血圧症や糖尿病といった、いわゆる生活習慣病を患い、日ごろから食事面の管理が必要なお客様が多いことも事実です。
また嚥下困難で食事を摂れない方も中にはおり、
ここが美味しい食事を提供すればいいだけの飲食店との違いと言えます。
伸康会では単に栄養管理するだけでなく、いかに食事を楽しんでもらえるか、どうしたら自力摂取の意欲を高めることができるか日々模索しています。
ソフト食といった食事形態や見せ方のバリエーションを工夫することで、これまで嚥下困難だった方が、自ら自立摂取できた時はうれしいの一言です。
また生活習慣を若い世代に啓発するための「食育」への取り組みも、この仕事のやりがいの一つです。

PAGE TOP