保健・医療系

保健・医療の仕事とは?

福祉業界における保健・医療の仕事は、大きくリハビリと看護に分けられます。
伸康会では、老人保健施設を中心に作業療法士と看護職員が活躍しています。

【リハビリ】

伸康会では、作業療法士が複数在籍しており、食事・入浴・排泄といった、日常生活を送るうえで必要になる動作をリハビリによって訓練します。
・身体機能/生活技能/社会技能の向上に向けた訓練

【看  護】

老人保健施設における主な看護業務は、バイタル測定、処置、経管栄養、点滴・採血、服薬管理です。

必要な資格

リハビリ、看護も以下の専門資格が必要です。
・正看護師、准看護士、保健師
・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

この仕事のやりがい

病院と異なる大きな点が、同じ人と長くかかわれるということです。
病院が治療をメインとするのに対し、老人保健施設は生活上の医療面の関わりになります。
リハビリは回復期にある方の機能維持(一部向上)に重点が置かれ、医療は安定した生活を送ってもらうための体調管理に重点が置かれるという見方ができます。
入居者個人の生活に寄り添えることが、施設で働くメリットといえるでしょう。

PAGE TOP